Excel|選択範囲の絶対/相対参照をクイックに切り替えるアドイン

データのトリセツ

絶対参照とは、セルを参照したときに、”$”マークをつけた参照のことです。
例えば、A1セルにA2セルを絶対参照として、参照する場合は、A1セルに =$A$1 と入力します。

どんな表を作るかイメージするために、とりあえず関数を使って表を作ったり・・・
スポット対応として、集計表を作ったり・・・
Excelを使う場合、他シートや他ブックを参照することがよくあると思います。

そんなとき、ショートカットとして [ F4 ]キー を使う方も多いと思います。
ただし、これは選択したセルの入力値に対してしか機能しません。

今回、紹介するアドインは、選択範囲のセル全体に対して、 [ F4 ]キーを使うアドインとなります。
Orenaraお手製のアドインです。ご自由にお使いください。

この記事は、どんな人に向けたもの?
  • Excelで集計する作業を行う方なら全員

アドインってどうやって使うの?

別の記事で説明していますので、参考にしてください。

使い方は?

アドインを入れて実行していただければポップアップ画面が表示されます。
あとは使っていただければ、わかるように作っておりますので、まずはご利用いただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました