Power Query|列のピボット解除を知れば、データハンドリングスピードUP

Power Query

Power Queryエディターで、標準機能として用意されている”列のピポット解除”をご紹介します。

この記事はダレ得?
  • Power Query使ってるけど、列のピボット解除って何?って方
  • Power Queryを使い始めた方
  • Excelでピボットテーブル的な表のデータを二次利用している方

ピボットを解除するということを意外とイメージできず、利用されていないことがあるように思います。非常に便利な機能で、データの整形・加工を行う上で欠かせないものですので、覚えてデータハンドリングのレベルをぜひ上げてください!

”列のピポット解除”をするとどうなる?

列のピボット解除すると・・・

列の列名がレコード?・・・どういうこと?・・・と思った方は、簡単な例でご説明しますので、以下をご参照ください。

営業担当Aさんの売り上げが4月は100円、5月も100円、営業担当Bさんの売り上げが・・・という表があるとします。

4月と5月の列のピボット解除を行うと下図のように、列名をレコード(4月と5月)として並び替えます。

具体的なやり方は?

上述の例でご説明します。

例示の表を売り上げテーブルとしてPower Queryで取り込んだ状態を前提とします。

1.売り上げテーブルの4月と5月のカラムを選択します。

2.選択カラムにポインタを置いた状態で右クリックして、”列のピボット解除”をクリック

以上で操作は終わりです。4月と5月という列のピボットが解錠されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました