Power Query|データの整形・加工はPower Queryを使おう!

Power Query
この記事は誰向け?
  • Power Queryを知らない方
  • Power Queryを使ったことない方
  • Power Queryを使おうとしている方

Power Queryとは何か、どうやって使い始めることができるのかをご紹介します。

Power Queryとは?

いわゆるETL機能のことで、ExcelやPower BIに実装されているものです。

Power BIでデータの可視化を行う場合は、グラフ化をする前にこのPower Queryを使用して、グラフ化するためのデータ整形・加工を行います。

また、Excelでデータの二次利用等を行う方は、このPower Queryの使い方を覚えることで作業効率を飛躍的に向上させることができます。
Power Queryを知らないExcelワーカーは多く、Power Queryを使う方と比べて作業時間に10倍以上の差が出てくるように筆者は感じます。
裏を返せば、Power Queryを使用する方は、それを使用しない方と比べて10倍以上の作業をこなすポテンシャルを持っています。

Power Queryで出来ること

Power QueryはMicrosoft製品のExcel・Power BIに実装されたETL機能のことです。

主に下記3つのことができます。

  1. データ抽出
    csvファイルやExcelファイル、システムやデータベース等のデータをExcel・Power BIに取り込む(抽出)ことができます。
  2. データ整形(変換)・加工
    抽出したデータに対してデータ型の変更、列の追加、値の置換等を行うことができます。
  3. データ書き出し
    Excelの場合はシートに書き出すことができます。シートへの書き出しはExcelの制約(行の上限等)を受けるため注意が必要です。
    また、Power pivotによる集計を行うためのデータモデルとして書き出すことができます。
    Power BIの場合は、グラフ化する元データとなるデータモデルとして書き出すことができます。
    Excel・Power BIどちらもデータモデルへの書き出しは、Excelのシートに書き出すこととは意味が異なります。
    Excelのシートに書き出した場合はシート上でデータを確認することができますが、データモデルに書き出した場合はデータベース上でデータを確認するイメージとなります。

ExcelやPower BIのPower Queryの位置づけを図示してみましたので、ご参考になれば幸いです。

Power Query(エディター)の始め方

ExcelとPower BIの両方を見ていきたいと思います。

なお、Power Queryを使ったデータの整形や加工に関する具体的なやり方は別の記事でご紹介していきますので、ここではPower Queryをどうやって使い始めることができるのか?についてお話します。

ExcelにおけるPower Query

Excelファイルでは、”データ”タブ(①) > データの取得(②) > Power Query エディターの起動(③)をクリックすることで、Power Queryを使うためのエディター画面が立ち上がります。

Power Queryを使ったデータ抽出をする場合は、エディターから行うこともできますが、”データの取得”横のボタンから行うこともできます。

Power BIにおけるPower Query

Power BI Desktop アプリからPower Queryを使用する方法をご紹介します。

アプリを起動し、”ホーム”タブ(①) > データの変換(②)をクリックすることで、Power Queryを使うためのエディターを起動することができます。

エディター画面

ExcelとPower BIのエディター画面です。
手前がPower BI、奥がExcelです。

画面としての違いは微妙にありますが、データの整形・加工という観点では使い方もできることも同じです。

さいごに

ExcelでPower Queryの使い方を覚えれば、必然的にPower BIのBIを作るための元データとなるデータ整形・加工もできるようになります。

Power BIは、BI化するデータがないと経験を積むことも難しいですので、Power BIを使ってみたいという方もまずはExcelでPower Queryの使い方を習得することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました